カメラ買取で大事なポイントは?おすすめのカメラ買取サイト6選!

カメラの買取を考えている人は多いです。特に新しいカメラが欲しくなったとき、古いカメラを買取してもらって、購入資金に充てるシーンが多くみられます。

そこで今回は、カメラの買取について知っておきたいポイントを解説していきます。特におすすめの買取サイト6つもあわせて紹介します。

買取業者が他の方法より良い理由

カメラを買取してもらう方法には、買取業者・ネットオークションやフリマアプリ・SNSといったものが代表的です。このなかで最も適正な評価で高価に買い取ってもらえて、リスクが少ないのが、買取業者です。

ネットオークションやフリマアプリのデメリット

ネットオークションの場合、確かに値が釣り上がって高価に売れる可能性があります。しかし、それは運の要素が強く、逆に相場より安く落札される可能性が存在します。

もともと価格を上げて出品すると、買い手がつかず、出品にかかる画像や説明文、さらに手数料などのコストだけを負担しなければなりません。

フリマアプリも似たようなリスクがあります。やはり出品手続きの手間や、相場以上の価格で売却できないことが考えられます。

SNSは普段からやっていないと難しい

SNSは、もともとカメラ好きの人とつながっている人におすすめの手段です。かなりカメラに詳しい人の集まりであれば、相場もお互いに分かっていて、不当に買い叩かれる心配がありません。

特にお互いに友好関係があれば、むしろ安く売っても後悔などはしないことが多いです。

ただし、これはSNSでの交友関係が広い人だけが取りえる手段です。カメラの買取を思い立って、それを目的にSNSを始めるのでは、手間や時間といったコストとの釣り合いがとれません。

このような点から、買取業者を利用するのが、最もリスクが少なく、高価に買い取ってもらえる手段としておすすめです。

買取業者は3つの手段を用意

買取業者では、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの方法を用意していることが一般的です。査定については、この他に商品の型番や使用年数を伝えたり、画像を送ったりして行うネット査定もあります。

上記の買取方法のうち、特におすすめなのは宅配買取です。

宅配買取がおすすめ

宅配買取は、専用の梱包箱やキットが送られてきて、それに詰めて送るだけです。もちろん、送料は業者負担なので無料です。

宅配買取だと、実際に専門のスタッフのもとに送られて、実物を見て査定されますから、はっきりとした額を知れます。そのうえで、買取の契約をするのかどうかを判断できます。

キャンセルがしやすい

店頭買取や出張買取の場合、対面での査定となりますから、額を聞いて多少迷いがあっても、相手に悪いと思って売ることを決めてしまう人がよくいます。

もしかしたら、他の業者ならもっと高く売れるかもしれない、という思いがあるのなら、まずはいったん引いてじっくりと考えたり、実際に他の業者に査定依頼を出したりするべきです。

特に出張買取だと、わざわざ自宅まで来てもらっている、ということもあって、わだかまりがあるまま即決してしまうことが多いです。

そのため、額を聞いてから冷静に熟考することのできる宅配買取がおすすめです。

査定額決定の5つのポイント

査定額の決まり方については、メーカー・機種・付属品・状態・発売年の5つを意識しておくことが大切です。

メーカー

まず、メーカーについては、ニコンが一番強いです。特にデジタル一眼なら、高価買取を期待できます。次にキャノンが良く、オリンパス、ソニーといった順で査定額が下がっていきます。

機種

機種としては、やはりグレードが高いほうが買取についても有利です。たとえば、ニコンならプロ用の上級機(D4Sなど)、セミプロ用の中級機(D810など)、初心者用の(D7200など)があります。

これの買取価格についてみてみると、D4Sが28万円(参考:カメラバーン)、D810が15万8000円(参考:カメラバーン)、D7200が5万4500円(参考:カメラバーン)となっています。

このように、やはり定価の高い上級機のほうが、低いグレードのものに比べて高く買取される傾向にあります。

付属品

付属品のなかで大事なのは、カメラの電池と充電器です。電池がない場合、査定そのものを受けられないケースがあります(動作確認ができないため)。

充電器がないと、査定価格が5000円は下がることを覚悟しておきましょう。

レンズもあったほうが買取価格が上がります。レンズは、古くても価値が下がりにくいです。ただし、レンズの内側に埃があったり、カビが発生していたりすると、査定額が下がります。

外箱やケース、説明書などは一般的に買取価格に影響しません。

状態

状態については、実際にカメラを起動させて確認されます。

グリップ部分のべたつきや外観上の傷などをチェックします。ダイヤルがしっかりと回転するか、それに合わせてちゃんと反応するか、ということもみられます。

他に動作全般に異常がないことや、外部メモリにきちんと保存されるかどうかなど、詳細な確認作業がなされます。

発売年

発売年については、基本的に新しいもののほうが買取価格が上がります。たとえば、先に紹介したD4Sというニコンの上級機は2014年発売で買取価格が28万円でした。

同じ上級機の次のモデルであるD5は2016年発売で買取価格は37万3000円です(参考:カメラバーン)。

このように、基本的には発売年が新しいもののほうが有利です。

おすすめのカメラ買取サイト6選

今では数多くのカメラの買取業者がありすぎて、どこに買取依頼をしたら良いのか分からないという人がよくいます。そこでこの項目では、おすすめの買取サイトを6つ、紹介していきます。

JUSTY リサイクルネット

リサイクルネットは、宅配買取をメインで扱っています。自分で必要書類をサイトからダウンロードして商品をダンボールに詰めて送る方法と、あらかじめ書類や緩衝材などをセットにしたダンボールキットを送ってもらってから商品を発送する方法があります。

前者の直送だと、自分で書類を揃えたりダンボールを用意したりする手間がかかる分、買取価格が10%アップします。

サイトでは買取実績が公表されています。たとえば、キャノンのデジタル一眼(EOS R)が14万円、ニコンのコンパクトデジタルカメラ(COOLPIX P1000)が7万2000円です。

宅配買取の場合、商品がリサイクルネットに到着してから、5日後までに査定額の連絡があります。基本的に、商品の発送から1週間以内に連絡が来ます。

JUSTY リサイクルネットについて詳しくはこちら

カイトリ屋

カイトリ屋は、店頭・出張・宅配と3つの買取方法が用意されています。東京の五反田と錦糸町に店舗がありますから、近くにお住まいなら持って行くのもアリです。

出張買取は、全国どこでも来てくれます。もちろん、出張費は無料です。売りたいカメラや備品がいくつもあったりして、持っていくのも梱包するのも面倒だ、という人にはこちらがおすすめです。

家に業者が来て欲しくないのであれば、やはり宅配買取がベストです。

カイトリ屋では、特にまとめて買取を依頼すると査定額がアップします。たとえば、ミラーレス一眼+デジタル一眼+レンズで1万円上乗せになります。

独自の販売ルートを持っているため、傷がついていたり、起動できなかったりしても、買い取ってもらえる可能性があります。

カイトリ屋について詳しくはこちら

写屋

写屋も、店頭と出張、宅配の3つの買取方法を用意しています。店舗は全国に35あって、今後も拡大予定ですから、比較的に近くの場所を見つけやすく、店頭買取を利用しやすいです。

実際に商品を渡しての査定前に、おおまかな金額だけでも知っておきたいと思うことがあります。そんな方のために、電話やメールで、メーカーや型番、外観、動作の状況などを伝えることで、過去の買取事例に照らした金額を教えてもらえます。

買取価格アップのキャンペーンを行っていることがあります。このときに売れば、買取価格が10%以上高くなるので狙い目です。

ストロボやフードなど、アクセサリーがある場合は、一緒に出したほうが良いです。アクセサリーについても、高価買取を実施しているからです。

写屋について詳しくはこちら

カメラ買取アローズ

カメラ買取アローズは、宅配買取のみを実施しています。余計な経費を削減できるため、高価買取を可能にしています。

宅配買取は、梱包後、コンビニなどへ持っていって発送手続きをする必要はありません。運送業者が指定した日時に自宅まで集荷に来てくれるので、梱包して待っているだけで大丈夫です。

送料や手数料などは一切かかりません。宅配をしたうえで査定額を聞き、納得できなくてキャンセルをしても、キャンセル料が発生することもありません。

特にまとめ売りでの金額アップなど、期間限定でのキャンペーンに力を入れています。たとえば、2019年3月29日現在、30%買取価格アップと、まとめ売りでさらに10%アップのキャンペーンを行っています。

カメラ買取アローズについて詳しくはこちら

ジャンク品カメラ買取ジャパン

ジャンク品カメラ買取ジャパンは、店頭・出張・宅配と3つの買取方法を用意しています。査定については、無料オンライン査定が可能です。個人情報の入力もいらないので、まずは気軽に買取金額を知りたいという人におすすめです。

コンパクトデジタルカメラの古いものは買取してもらえません。しかし、デジタル一眼なら壊れていても買い取ってもらえる可能性が高いです。

オンラインでの査定と、実際に商品を見た後での査定額が異なることがあります。このとき、もしも変更後の査定額に納得できずキャンセルとなると、返送にかかる送料は自分で負担しなければなりません。

あと、振込での支払を受けるには住民票の提出が必要で、それがない場合、現金書留による支払になります。

買取の流れなどについて詳しく聞きたいけれど、電話は苦手だな、という人にはチャットによる相談ができるのでおすすめです。

ジャンク品カメラ買取ジャパンについて詳しくはこちら

カメラデイズ

カメラデイズは、実店舗を持たず、宅配買取に一本化することで、無駄なコストをかけず、高価買取を実現しています。特に宅配買取を依頼する前に、大体の金額を知りたい方のために、LINE査定が用意されています。

売りたい商品の画像を撮って、それを送れば、5分以内に見積もり金額をトークで教えてくれます。

宅配買取による実際の動作確認などを含んだ査定についても、商品到着後48時間以内に結果が知らされます。スピーディーな対応も人気の理由になっています。

もしも他店での見積もりのほうが1円でも高かった場合、言えば金額を見直してくれます。業界での最高買取価格を保証してくれるのが、カメラデイズの魅力です。

もちろん、送料や手数料、査定料などは一切かかりません。

カメラデイズについて詳しくはこちら

カメラの買取についてまとめ

今回は、特にカメラの買取について知っておきたいポイントや、おすすめの業者を紹介してきました。カメラは、ずっと同じものを使っている人もいますが、やはり進化した商品が毎年リリースされますから、新しいものが欲しくなる人は多いです。

そういったときに、なるべく今まで使っていたカメラを高く売って、次の購入資金に充てるのが賢明です。

特に今回紹介したような買取業者は安心して利用でき、高値で売れるということで評判です。迷っている段階でも、まずはオンライン査定やLINE査定を受けてみて、おおまかな金額だけでも知っておくのがおすすめです。

Sponsored Links

カメラの買取サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】JUSTY リサイクルネット

      リサイクルネットは、宅配買取をメインで扱っています。自分で必要書類をサイトからダウンロードして商品をダンボールに詰めて送る方法と、あらかじめ書類や緩衝材などをセットにしたダンボールキットを送ってもらってから商品を発送する方法があります。前者の直送だと、自分で書類を揃えたりダンボールを用意したりする手間がかかる分、買取価格が10%アップします。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】カイトリ屋

        カイトリ屋は、店頭・出張・宅配と3つの買取方法が用意されています。東京の五反田と錦糸町に店舗がありますから、近くにお住まいなら持って行くのもアリです。出張買取は、全国どこでも来てくれます。もちろん、出張費は無料です。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】写屋

          写屋も、店頭と出張、宅配の3つの買取方法を用意しています。店舗は全国に35あって、今後も拡大予定ですから、比較的に近くの場所を見つけやすく、店頭買取を利用しやすいです。電話やメールで、メーカーや型番、外観、動作の状況などを伝えることで、過去の買取事例に照らした金額を教えてもらえます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        関連記事

        ページ上部へ戻る