書き込みがあっても大丈夫!使わなくなった専門書、大学教科書の買取について

大学や専門学校時代の教科書や専門書って卒業してしまうとパッタリと使わなくなりますよね。卒業後もそれを生かせるような仕事に就ければいいんですが、そんな人はごく一部な訳で・・・。思い入れがあったり、ものによってはかなり高価なこともあって大抵の方が捨てられずに本棚にしまい込んでいるのでいるのではないでしょうか?

私も卒業後、教科書を捨てられずにいたのですが、断捨離をするため思い切って買取に出すことに。その際、査定して貰って初めて知ったのですが、いわゆる専門書・大学教科書は一般書籍とは査定基準が大きく異なり、やり方を間違えると大損する可能性があることに気付きました。
この記事では皆さんが専門書・大学教科書を買取をお得に買い取って貰えるよう、私の体験を元に買取の際の注意点・コツについてお伝えしていきます。

また始めに断っておきますが、小中高の教科書は流通量が多く、定期的な改定があることや入学時に学校指定の書店で購入することが殆どであるため、一部を除き中古の買取はほぼなく、この記事の内容には則しませんのでご注意ください。

チェーン店ではなく大学近くの古本屋が狙い目!

まず買取をお願いするのであれば、BOOKOFFのようなチェーン店ではなく大学近くにある個人経営の古本屋に持っていきましょう。基本的に大学近くの古本屋の方が正確な査定をしてくれ、買取金額も高いことが多いです。

そもそもチェーン店で多く売買されているのは小説やコミックであり、教科書にニーズがあるかと言えばNOでしょう。そのため元々の買取金額が低めに設定されていたり、お店によっては〇〇年度以降の本は買取不可というルールがあったりするので、例え状態が良く需要の高い専門書であっても古い年代に出版されたものだと買い取って貰えないこともあります。

一方の大学近くにある個人経営の古本屋は立地上、専門書・教科書の売買は多く、毎年買取の査定をしていることもあって正確ですし、やはりその分買取金額もチェーン店より高めに定されていることが多いです。

私も大学側の古本屋さんに持っていきましたが、見慣れている本も多いからか、査定も早く時期的に新学期前ということもあって、チェーン店よりもいい値段で買い取って貰えました。ただ小さなお店だとすぐに在庫過多になってしまいますので、買取に出すタイミングは新学期前や夏休み明け前など見極めた方がよりいい値段で買い取って貰えるでしょう。

書き込み有でもOKなことも!重要なのは改定されていないかどうか

当然ながら書き込みの有無に関しては無いに越したことはないのは確かですが、チェーン店は書き込みや線引きについて非常に厳しく査定され、買取金額は問答無用で下がります。一方の個人経営の古本屋だと、マイナス点ではあるものの割と融通が利くことがあり、在庫切れや需要のある本だといわゆる「B級品」として買い取って貰えたりもします。

そして専門書・教科書と小説やコミックといった一般書籍の買取基準の最大の違いはその本が改定されているかいないか、ということです。
分かりやすい例で言うと、冥王星が惑星として認められなくなったり、鎌倉幕府の成立年が1192年から1185年に変わったりしたように、専門書・教科書というのは新たな発見がある度にアップデートされていきますから、どんなに素晴らしい名書であっても改定されてしまうと、途端に価値がなくなってしまいます。

つまり本そのものに「賞味期限」があるということです。よって買取の際に最も重視されるのは、本の状態以上にその本が改定されているかいないか、最新版であるかどうかと言う点です。

私も買い取って貰った際に、線引きがありメモが残っている教科書が1000円買取で、逆に状態の良い綺麗な教科書に値段が付かなかった時「あれ?おかしくない?」と思いましたが、これを店主さんに説明してもらって合点がいった記憶があります。

専門書・教科書に特化したネット買取店を活用しよう!

卒業して大学から離れてしまった、近くにそういったお店がないという方もいらっしゃるかと思います。そんな方は専門書・教科書買取に特化したネット買取のお店を利用しましょう。

専門店だけあって、今まで説明したような特徴をしっかり踏まえて査定をしてくれますし、申し込みをすればダンボールが自宅に届き、本を詰めるだけで自宅まで集荷してくれたりと手間が殆どかからず、これを無料でやってくれますので忙しい方にもおすすめです。

思わぬ高値になるかも?賞味期限切れになる前に急いで売ろう!

専門書・大学教科書はそもそもの値段が高額なこともあって、うまくいけばかなりいい値段で買い取って貰うことが出来ます。思い入れがあるものを捨てられない気持ちはよく分かりますが、読まない本を本棚や押し入れに閉まっていても貴重なスペースを無駄にしているだけで、こんなに勿体ないことはありません。

専門書・教科書には賞味期限がありますので、これを期に思い切って買取に出してみると、思いもよらない高値で売れるかもしれませんよ。

Sponsored Links

カメラの買取サイト人気ランキング!

  • 1410061

      【1位】JUSTY リサイクルネット

      リサイクルネットは、宅配買取をメインで扱っています。自分で必要書類をサイトからダウンロードして商品をダンボールに詰めて送る方法と、あらかじめ書類や緩衝材などをセットにしたダンボールキットを送ってもらってから商品を発送する方法があります。前者の直送だと、自分で書類を揃えたりダンボールを用意したりする手間がかかる分、買取価格が10%アップします。
      詳細を見る
    • 1410061

        【2位】カイトリ屋

        カイトリ屋は、店頭・出張・宅配と3つの買取方法が用意されています。東京の五反田と錦糸町に店舗がありますから、近くにお住まいなら持って行くのもアリです。出張買取は、全国どこでも来てくれます。もちろん、出張費は無料です。
        詳細を見る
      • 1410061

          【3位】写屋

          写屋も、店頭と出張、宅配の3つの買取方法を用意しています。店舗は全国に35あって、今後も拡大予定ですから、比較的に近くの場所を見つけやすく、店頭買取を利用しやすいです。電話やメールで、メーカーや型番、外観、動作の状況などを伝えることで、過去の買取事例に照らした金額を教えてもらえます。
          詳細を見る

        注目の記事はこちら!

        関連記事

        ページ上部へ戻る